芸能ジャパン


by dash_fur311

週末のG7は協調策打ち出される 1/2

G7筋によると、各国はぜい弱な世界経済の回復を維持するとのコミットメントを強調する一方で、画一的な取り組みを促すことは避けるとみられている。議長国フランスは、世界の金融市場を揺るがした最近の信頼感危機に対して、各国で異なる対応を行うことが適切との認識を示す見通しだ。二番底懸念の高まりを背景に、G7に対しては、一部主要国で緊縮財政の手綱を緩めることや、超緩和的な金融政策の維持で合意するよう圧力が高まっている。また世界経済がリーマン破たん以降で最大の難局に差し掛かったのではとの懸念が、今回のG7に切迫性を与えているものの、2008年、2009年に顕著だった目的意識はまだ見られていない。ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)のストラテジスト、ギャバン・フレンド氏は、G7会合が壮大な対策を打ち出す可能性は低いものの、市場の期待が先行して高まっており、説得力のある声明が出されなければ、失望を誘う恐れがあると指摘。「今回の会合は非常に重大な時期に開催される」と述べた。欧州は財政健全化計画の堅持を目指しているが、米国は財政支援が必要としている国際通貨基金(IMF)の立場に近づいている。オバマ米大統領は8日の議会演説で、大規模な雇用創出策を発表する見通しだ。カナダの財務省高官は6日、緊縮財政措置を後退させれば、短期的にはリセッション(景気後退)リスクを低下できるとしたが、ソブリン債問題を解決することが最優先課題と指摘。また追加の景気刺激策が実施される場合も、2008年に各国が行った協調的な財政出動の規模には程遠いものになるとの見方を示した。
プロアクティブお試し無料サンプル
血糖値測定器
馬油の効能
護身用の道具
プーアール茶の効用,効能
[PR]
by dash_fur311 | 2011-09-08 12:27 | 芸能ジャパンG